東京月島クリニック[がん治療・生活習慣病予防・検査]

メールでのお問い合わせ電話0120-47-4770
TOP > その他検査 > ミアテスト

その他検査ミアテスト

マイクロRNAを調べアルツハイマーの罹患リスクを93%の高確率で検出

ミアテストとは

  • アルツハイマー

ミアテストは、血液中の「マイクロRNA」という分子を検査します。人間には3,000以上のマイクロRNAが存在すると言われ、血液中には様々な細胞から約300以上のマイクロRNAを含むエクソソームと言われる微粒子が分泌されます。何かしらの病気に罹患するとその病気特有のマイクロRNAの量が増減します。この変動を検査することで、「がん」や「アルツハイマー」の疾患リスクを予測します。

マイクロRNAとは?

タンパク質の設計図は、我々の遺伝情報と言われている細胞の中にある染色体DNAに保存されています。必要に応じてDNAから「RNA」と言われる分子を介してタンパク質が作られます。RNAの中でも最近注目されているのは、タンパク質を作れない小さなRNA「マイクロRNA」です。
このマイクロRNAは、タンパク質を作れないので、無意味なものだと思われていましたが、タンパク質の作成に関与している100以上もの遺伝子の機能制御のために機能していることが分かってきました。
マイクロRNAの量に異常があると、そのマイクロRNAが制御する100以上もの遺伝子の制御に異常が発生します。この異常が、がんや生活習慣病など様々な病気の発症に関係していることが分かっています。マイクロRNAは、「エクソソーム」とよばれるウイルスのような小さな粒子に包まれて各組織の細胞から血液中に放出されています。
ミアテストでは、このエクソソーム中の疾患特異的な複数のマイクロRNA量の変化を核酸増幅法を用いて検査するので、高精度に疾患の予測を行うことができる検査です。

検査方法および検査できる疾患

ミアテストは採血にて行います。「アルツハイマー」について93%の確率で検出が可能です。

こんな方におすすめ

  • アルツハイマーのリスクを知りたい
  • 最近、物忘れが多い

ミアテストの流れ

問診票などの記入

検査について必要な問診票などをご記入ください。

カウンセリング

問診票に基づき医師が検査内容についてご説明します。
ご理解の上、必要に応じ同意書にご署名ください。

検査

個室に移動し採血(約10cc)を行います。

検査結果の説明

ご予約の上再来院ください。
検査内容について、医師がご説明します。
検査結果の郵送も可能です。

料金はこちら
TOP