東京月島クリニック[がん治療・生活習慣病予防・検査]

メールでのお問い合わせ電話0120-47-4770
TOP > 生活習慣病予防・アンチエイジング > LLLT(低出力レーザー)

生活習慣病予防・アンチエイジングLLLT(低出力レーザー)

血管内にLLLT(低出力レーザー)を照射して、血液中の循環がん細胞(CTC)と
循環がん幹細胞(CSC)を破壊する予防治療

治療内容

近年のレーザー技術の進展により、管理された安全性の高い低出力のレーザー光を組織の深部まで照射できるようになりました。光には各々の波長に様々な特性があり、各波長ごとに異なる特徴があり、これらを単独または組み合わせによって使用することにより幅広い適応があります。

LLLT生活習慣病メニュー

当院では各波長の照射時間と組み合わせを変えることにより、各々の治療目的に最適化されたコースをご提案しております。それぞれの体の悩みに合わせてお選び頂けます。
A:サーカーディアン ドイツ式コース
ヨーロッパでは主流のコース。血管内に光レーザーを照射し、体内バランスを整えます。
B:鎮痛抗炎症コース
スポーツ選手も治療取り入れているコース。膝や肩などの痛みのある方へお勧めです。
C:免疫強化コース
血管内に紫外線を照射し、ウィルスの増殖を防止します。血流改善や、デトックス効果も。
D:健康診断データ改善コース
コレステロールや血糖値、血圧が気になる方へお勧めです。

■MLDSとは

LLLTには、MLDS(Multi-Laser Delivery System)と言われる、光線⼒学的レーザー治療のために世界で初めて承認されたシステムを使用します。100ミリワット以下の低出力照射が可能なレーザー機器です。静脈内、間室内、関節内、あるいは外部からのレーザー照射が可能です。世界30ヶ国において800台以上導⼊されており。世界各国で医療機器の承認取得がされています。

リスク・副作用

当院では重篤な副作用は見受けられません。
極まれに、赤い発疹・発熱など、アレルギー症状を起こすことがあります。
これは、一過性の拒絶反応であるといわれていますが、ひどい場合には中止が必要になります。

治療の流れ

同意書などの記入

検査について必要な問診票などをご記入ください。

カウンセリング

問診票に基づき医師が治療の内容についてご説明します。
ご納得いただけましたら、治療の同意書にご署名ください。

光感作物質の投与(1日目 約30分)

リポソーム加工した光感作物質を点滴投与します。

レーザー光照射(2日目 約1時間)

血管内にファイバーを通し、レーザー光を照射します。

料金はこちら
未承認医薬品等で
あることの明示、
入手経路等の明示
LLLTに用いるMLDS(マルチレーザーデリバリーシステム)は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものです。 日本国内では、未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。
国内の承認医薬品等の
有無の明示
LLLTに使用できる同一の性能を有する医療機器はありません。
諸外国における
安全性等に係る
情報の明示
LLLTに使用するMLDS(マルチレーザーデリバリーシステム)は、約20年前にドイツ政府とEUの支援により開発されました。現在EU、カナダ、アメリカなど世界30カ国以上の医療機関において800台以上が導入されており、米国FDAや主要EU国家などで承認されています。
TOP