東京月島クリニック[がん治療・生活習慣病予防・検査]

メールでのお問い合わせ電話0120-47-4770
TOP > がん先進治療 > 光CTC(血中循環がん細胞)治療

がん先進治療光CTC(血中循環がん細胞)治療

血管内にLLLT(低レベルレーザー)を照射して、血液中の循環がん細胞(CTC)と
循環がん幹細胞(CSC)を破壊する予防治療

治療内容

血液中を巡るがん細胞は、血中循環がん細胞(CTC)と呼ばれます。がん細胞が成長し大きさが1.0〜1.5mm程度になると、栄養や酸素を求め血管内へがん細胞自体が浸潤し、血液中を巡りだします。
さらに、がんの原発巣は新生血管を作りつつ、大量の栄養や酸素を消費しながら循環がん幹細胞(CSC)を放出することで、血管を通じて遠隔に転移を繰り返します。CTCとCSCを血中にて破壊し、がん細胞の転移を予防するとともに、新たながん組織の形成を防止する治療が、光CTC(血中循環がん細胞)治療です。

当治療では、特殊なリポソームにてがん細胞に取り付くように加工された光感受性物質と安全に管理された低レベルレーザーを使用します。リポソーム加工された光感受性物質は、点滴にて投与されると血中にてCTCやCSCに取り付いていきます。その後、血中に特定の波長のレーザー光を照射すると、CTCやCSCに取り付いていた光感受性物質が光反応を起こし、がん細胞だけを破壊します。 光感受性物質は、レーザー光に晒されることによってエネルギーの高い状態となります。光感受性物質は、元の状態に戻ろうと周囲にエネルギーを放出します。この際に発生する活性酸素ががん細胞を殺傷します。正常細胞はこの活性酸素を分解する酵素を持っているため、影響を受けることはありません。この反応を光反応といいます。

当治療では光感受性物質として、緑色の色素であるインドシアニングリーン(ICG)を使用します。ICGは肝機能などの検査薬として広くわが国でも使用されてきた承認医薬品です。ドイツで開発されたWeber社製のレーザーデバイスを用います。これは世界で初めて血管内で照射への使用が海外で承認された医療機器(国内では未承認)です。

光感受性物質とは

特定の光を当てると、光感受性物質はエネルギーが高い状態となります。(光反応)この際、光感受性物質がエネルギーを放出して本来のエネルギーが低い状態に戻る際に、活性酸素を放出します。活性酸素は、がん細胞を破壊しますが、正常細胞は「オキシダーゼ」という抗酸化酵素の働きで活性酸素を無毒化するので破壊されません。 当院では光感受性物質としてインドシアニングリーン(ICG)を使用しております。ICGは副作用の少ない生体蛍光物質として、肝機能検査や眼底造影検査など、広く検査用薬として臨床にて用いられており、安全性の高い光感受性物質として知られています。

光CTC治療の効能

  • 循環がん細胞(CTC)
  • 循環がん幹細胞(CSC)
■MLDSとは

LLLTには、MLDS(Multi-Laser Delivery System)と言われる、光線⼒学的レーザー治療のために世界で初めて承認されたシステムを使用します。100ミリワット以下の低レベル照射が可能なレーザー機器です。静脈内、間室内、関節内、あるいは外部からのレーザー照射が可能です。世界30ヶ国において800台以上導⼊されており。世界各国で医療機器の承認取得がされています。

リスク・副作用

管理された低出⼒のレーザー光を使⽤するため、副作用リスクが極めて低いことが特徴の一つです。痛みもほぼ皆無であり、レーザー照射に対する症状もほぼありません。静脈内レーザー照射についても重⼤な副作⽤に関する報告がないことが、今⽇までのすべての臨床データによって確認されていますが、考えられる副作用としては以下のものが考えられます。
【副作用】
血管穿刺部位の疼痛、血管痛、頭痛、嘔気など
【合併症】
皮下血腫や神経損傷など
【ICGの副作用】
悪心、嘔吐、蕁麻疹、発熱、ショック症状が稀に起こることがあります。

がん治療の流れ

患者様の症状により、変更がある場合もあります。

お電話によるカウンセリング

まずはお気軽にお電話ください。
電話番号 0120-232-255※電話相談無料

セカンドオピニオン外来

治療について医師よりご説明いたします。また、患者様の病状をお聞かせください。お一人おひとりに合った治療プランのご提案をさせていただきます。※診療情報提供書は、必須ではありませんが、直近の検査データなどありましたらご持参ください。

治療開始

患者様がご提案の治療をご希望された場合、治療プランに基づき治療を開始いたします。治療前にあらためて検査の必要がない場合は、セカンドオピニオンでご来院された当日から治療を開始することも可能です。

評価

治療開始後は、適宜画像検査や血液検査などから治療の評価をしていきます。※上記検査以外に、オプションとして遺伝子検査などをお受けいただくことも可能です。

料金はこちら
未承認医薬品等で
あることの明示、
入手経路等の明示
光CTC治療に用いるMLDS(マルチレーザーデリバリーシステム)は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものです。 日本国内では、未承認医療機器を、医師の責任において使用することができます。
国内の承認医薬品等の
有無の明示
光CTCに使用できる同一の性能を有する医療機器はありません。
諸外国における
安全性等に係る
情報の明示
光CTC治療に使用するMLDS(マルチレーザーデリバリーシステム)は、約20年前にドイツ政府とEUの支援により開発されました。現在EU、カナダ、アメリカなど世界30カ国以上の医療機関において800台以上が導入されており、米国FDAや主要EU国家などで承認されています。
TOP